看護学校に通おう!

看護学校に通わずに看護師になる方法

看護学校に通わずに看護師になる方法 看護師になるためには、看護師国家試験を受験し、合格する必要があります。
看護師国家試験を受けるためには、看護学校を中心とする、所定の養成校を卒業していなければいけません。
看護師になるための教育機関としては、3年制を中心とする看護学校が知られています。
しかし、看護師国家試験に合格し、看護師になるためには、他にも数多くの方法があります。
特定の大学や短大を卒業することでも、看護師国家試験の受験資格は得られます。
特に、大学では看護や福祉に関する、様々な講義を受けることができます。
また、大学では、看護師資格だけではなく、助産師などの養成カリキュラムも、並行して受けることが可能です。
看護学校なら3年のところ、大学なら卒業までに、最短で4年必要です。
そのため、大学の方が十分に学ぶ時間がとりやすく、多くの国家資格を取得しやすいです。
今の日本で、看護学校以外で看護師になる方法としては、4年制大学と3年制短大が一般的です。

看護学校の実習が役立つ場面

看護学校の実習が役立つ場面 看護学校の実習では、実際の看護師の仕事について知ることや、患者様とかかわりながら看護計画を立案できることが求められます。
しかし、それ以上に人と人との関わり方や周りへの配慮という部分がそれ以上求められます。
白衣の天使の異名を持っている、フローレンス・ナイチンゲール。
ナイチンゲールは、クリミア戦争でイギリス軍の野戦病院に行き看護を行いました。
そこで行ったことは、それまで水が腐り、建物も腐食されている不衛生な場所を清潔にしていくことでした。
有名な著書、看護覚え書では環境を整える必要性について大部分で記載されています。
また、人の観ることの重要性についても書かれています。
「見る」のではなく「観る」、それを実習で学んでいくのです。
いままで書いたことすべて、特殊なことではありません。
清潔にすることだって、掃除や洗濯、お風呂も入っていますし日常生活でできていることなのです。
しかし、周りの人はどうなのだろうと周りにも配慮することを看護学校では学んでいきます。