看護学校に通おう!

奨学金制度を利用して看護師を目指しましょう

奨学金制度を利用して看護師を目指しましょう 看護師を目指す人は大半は、看護学校に入って必要な知識や技術を学びます。
しかし、看護学校を卒業するには、国公立の学校だと年間で50万円前後、私立の学校だと年間で100万円以上の学費を納めなければなりません。
その他、学校生活をおくる期間の中で生じる出費をあわせると、人によっては看護学校を卒業するまでの間に1,000万円を超えることがあります。
もし、事前にためた学費の額が不十分であれば、奨学金制度を活用するのが良い方法です。
この制度は、学力や人格など、制度の運用を行っている学校や団体が定めている要件を満たさなければ応募することができず、お金が支給されるかどうかは審査によってきまるため、必ず卒業までに必要なお金を確保できるわけではありません。
しかし、支給がきまると、期首に納める授業料などの学費を大幅に減らすことができ、学校によってはゼロ円にすることができます。
支出する学費が少なくなれば、その分を生活費などの部分にまわすことができるようになって金銭的な負担が減り、より看護の勉強に集中できるようになります。

看護学校で奨学金を借りる際の注意点!

看護学校で奨学金を借りる際の注意点! 看護学校の就学金制度に応募し、審査によって支給が決まると、月額で3~5万円程度のお金が貸与され、指定した口座に振り込まれます。
ただし、奨学金を借りようとする際にはいくつか注意しなければならないことがあります。
まず、貸与される奨学金は用途が限定されるということです。制度の趣旨から、用途については入学金や授業料をはじめとする学費と、看護学校在学中の生活費のうち、いずれかもしくは両方に限定されます。
したがって、これ以外の目的で貸与されたお金を使うのはルール違反となります。
仮に違反が発覚すると、既に貸与したお金の返還を求められる可能性があり、応じなければ強制執行によってお金の回収がはかられるおそれがあります。
また、理由があって看護学校を休学することになった場合は、奨学金の支払いも中断されます。
この中断は、復学して必要な手続きをとれば解除されますが、休学期間が2年や3年といった非常に長い期間になった場合は貸与が打ち切られてしまい、最後に貸与された時期までに受け取った分を全て返還するよう求められます。
もし、休学が長期にわたるようであれば、必ず看護学校に相談しましょう。