看護学校に入るための勉強

看護学校に入るための勉強

看護学校に入るための勉強 どんな学校を目指す場合でも必ず傾向と対策を考え対応していかねばなりません。看護学校への進学を検討している場合も同じです。看護学校の入試は多くの場合、学科試験および面接試験を実施し相対評価により上位から選抜される形で合格が決定していきます。では入試対策にはどのような勉強方法が望ましいのでしょうか。
一般的な看護学校の入試において出題される科目の範囲は大凡次のとおりとなります。数学、国語、英語の基本3科目に加え、生物、小論文が看護学校の入試で必要とされる科目なのですが、出題される問題はそんなに難易度の高い出題はなく高校1年生程度の基礎を押さえた問題が広く出題されると考えたほうが良いです。ゆえに勉強方法は基礎問題を中心に科目を万遍なく反復練習することで対応していくことが対策になると思われます。肝心なことは学科試験の他に行われる面接対策にあると思われます。看護師は人相手のコミュニュケーションが中心の仕事になるので、人当りがどうであるかチェックされることは確実です。看護師にどうしてもなりたい、看護師になるための情熱をサラリと示せること、そういった面接の練習を数多くこなしていくことが受験対策になると考えます。

看護学校のクラスわけは何で決まる?

看護学校の入学に必要な資格や条件 看護学校へ入学するには、最終学歴が高卒以上か看護学校を受験する年に高等学校卒業見込であること、または准看護師としての実務経験が3年以上あることが条件になります。従って最終学歴が中卒の場合は、全日制・定時制・通信制のいずれかの高等学校に通うか、高等学校卒業程度認定試験を受けて合格し最終学歴を高卒にする方法と、准看護学校で2年間学び准看護師資格を取得し、3年以上の実務経験を経る方法のどちらかで受験資格が得られます。その他の条件として、多くの看護学校は受験資格欄に卒業後看護師として就職する意思のある者という記載をしているので、看護師になる強い意志も必要とします。
入学試験には、推薦入試、一般入試、社会人入試があり、社会人入試には専業主婦の経験も社会経験とみなす学校もあります。また、社会人入試枠は年齢制限のある学校もあるので、出願の際にはどの募集枠に合致するか検討し、入試課へ問い合わせるのも良いです。