看護学校に通おう!

少子高齢化や核家族化の背景から医療や介護に対するニーズが高まっています。
そのため病院や老人ホームなどの施設以外にも企業内や訪問看護での看護師の需要が高くあります。
また看護師は安定的に就業することのできる資格であるため近年では一定の社会人経験を経て看護学校に入学する人が増えてきています。
看護学校では現役世代の学生とともに勉学に励むことになりますが入学希望時には志望動機を明確にして受験に臨むことが大切になってきます。

看護学校受験の際に社会人におすすめの志望動機

看護学校受験の際に社会人におすすめの志望動機 社会人が看護学校を受験する際は志望動機はどのようにすれば面接官に好印象を与えることができるのかと悩むところです。
もちろん生活のためやずっと夢に見ていた職業であるためなど個人によって様々な理由がありますが、ただ看護師になりたいという漠然とした理由だけでは十分にアピールすることはできません。
そのため社会人が看護学校を受験する際に志望動機をアピールするのであればこれまでの社会人経験のなかで人間として成長できたことやどうしても看護師になれなければならない理由を明確に伝えるとより深く面接官に人間性を理解してもらえるきっかけを作ることができるためおすすめです。
看護師のニーズが高まっているなか看護学校の受験生も多くなっているのでライバルに差をつけるためにもしっかりと志望動機を明確にしておきましょう。

社会人になってから看護学校に行く人は意外と多い

社会人になってから看護学校に行く人は意外と多い 昔も今も、人の命を助ける遣り甲斐のある素敵な職業として看護師は人気が高い傾向にあります。
でも、看護学校に通って勉強をしたり実務研修があったり、国家資格なので試験に合格するのも簡単なことではありません。
学校というイメージから、10代の若い人達ばかりがいるようにも思いますが、看護学校は社会人になってから行く人も多いようです。
その理由やきっかけとしては、シングルマザーだったり家計が苦しくて手に職をつけたいから安定した職業の看護師を目指している、入院生活や病院で看護師の方にお世話になったことがきっかけだったりもするようです。
もちろん、若い頃は諦めてしまったけど再度挑戦してみようと決心したり、就職難から看護師を目指そうと決めた人もいるでしょう。
学校のクラスによっても違いはありますが、クラスの3分の1が社会人の学校もあります。そのため、学校側も受け入れ体制を整えているところが増えてきています。
また、こうした社会人経験者の看護学校への入学に対して厚生労働省は受け入れの準備や支援のための指針を出しているほど、国を挙げてサポートされています。
看護師を目指す理由やきっかけは人それぞれで、人の命を守りたいとか誰かの役に立ちたいという気持ちが大切であって、年齢は関係ありません。
ただ、看護学校によっては入学する際の年齢制限があるので事前に確認しておきましょう。

看護学校に関するお役立ちリンク

時代の変化と社会のニーズにこたえる看護専門学校のサイト

看護学校 社会人